Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションを実装し

UQ WiMAXじゃなく、KDDIのWiMAX端末として登場したSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、下り最大通信速度を370Mbpsも出す事が出来ると言う点が強みのWiMAX機器です。

 

これだけ速い通信速度を出す事が出来る秘密なのですが、WiMAX 2+とFD-LTEを使ったキャリアアグリゲーションにあるのです。

この3種類の電波を使用したCAですが、WiMAX 2+のTDD2波とFDDLTEの1波の周波数の帯域を束ねる事によって、下り最大通信速度が370Mbpsと言う驚きの通信速度を達成出来ていると言うわけなのです。だけども、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を取り扱っているショップには限りがある為、利用出来るキャンペーン特典の選択肢もそんなに多くありません。
Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションを実装し、初めての下り最大通信速度が220Mbpsに及んでいるWiMAX端末として登場しました。

 

Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が発売された当初はキャリアアグリゲーションに対応している地域は限定的でしたが、今は対応地域が広がっています。(UQワイマックスの魅力的なキャンペーン特典を活用しよう!から)

更には、au 4G LTEと言う機能はHWD15からそのまま踏襲し、広大なエリアでの通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つとなっています。

勿論の事ですが、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルに対応してて、充電しながらのインターネットにも対応しています。
WiMAXを利用する際、注意すべき速度制限が二つあります。
まず、月間データ量による速度制限って言う、7G制限と呼ばれているものがあります。二つ目が、混雑回避の為の速度制限って言われるものです。ギガ放題プランへ申し込むことによって、ハイスピードモードを設定時の月間データ量による速度制限は適用外になります。しかし、混雑回避の為の速度制限は適用になります。新たにWiMAXサービスを導入した事で、私の日常は変わりました。
最も変化が大きかったのが、スマホで7G制限に気を取られる必要がなくなりました。

Wi-Fiテザリングを使用してWiMAX端末でインターネットを行なうので、スマートフォンの通信量は浪費しなくなった訳です。ですので、スマホサイトに動画が埋め込まれている場合であっても、気にせず普通に視聴出来るになりました。WiMAXと言うインターネットサービスの特長としては、インターネットの利用を無線で行なう事が可能だと言う利便性にあるでしょう。
無線ですので、どこからでもネットアクセスが可能となり、利便性は高まります。加えて、WiMAX端末はポケットサイズですから、携帯性に優れています。
そんな部分を考慮すると、タブレットと一緒に持ち運ぶと良いです。と言う事なので、WiMAXプロバイダの中にはタブレットの無料プレゼントを行っている所も存在します。
WiMAXサービスを取り扱っているプロバイダの中に、So-netモバイルWiMAX 2+と言うプロバイダが存在します。このプロバイダが提供しているWiMAXサービスですが、1年間セキュリティーサービスを無料で利用する事が出来ると言う点が特徴です。このセキュリティサービスなのですが、カスペルスキーと言う会社のマルチプラットフォームセキュリティと言う名称のサービスです。

本来は月々500円掛かる有料サービスなので、6000円くらいのお得感になると言えるでしょう。

Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOと言う機能に対応し、下り最大通信速度が以前の倍になる220Mbps出る点が特徴のWiMAX端末です。4×4MIMOって言う機能はWiMAX端末に内蔵された4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本のアンテナで4回線同時の通信を行なう技術の事です。
その技術によって、下り最大通信速度が以前の110Mbpsから、倍の220Mbpsになる訳なのです。そして、Bluetoothに対応してますから、Wi-Fiよりもわずかな消費電力でテザリングをする事が出来ます。モバイルタイプのインターネットサービスは、WiMAXのようなサービスが多々あります。

具体例を挙げると、速度制限無しと言う点で話題のぷららモバイルLTEが存在します。速度制限の無いぷららモバイルLTEなのですが、上り下りの最大通信速度は3Mbpsほどしか出ないです。この通信速度、速度制限の際のWiMAXよりも遅いです。

つまり、速度制限無しとは言えども、WiMAXで比べると、ずっと速度制限が掛かっているのと変わりありません。
WiMAXサービスと言えば、au 4G LTEと言う通信回線に対応しているWiMAX端末も登場しています。
au 4G LTEはauの通信回線で、日本の人口カバー率99%を超えている、かなり受信しやすい通信回線です。
800MHzと言う低周波数域を使用したプラチナバンドで、障害物があってもすり抜けたり回り込んだりして、奥まった場所にも電波が届きやすいです。
今までのau 4G LTE通信の下り最大通信速度は75Mbpsでしたが、下り最大通信速度が100Mbpsに対応している地域や、下り最大通信速度が150Mbpsに対応している地域も拡大しています。
前々から気になっていたWiMAXサービスですが、良い意見も悪い意見もあります。一つの例として、通信速度が実用レベルじゃないだとか、そう言った悪評も存在します。ですが、WiMAX端末の新製品が定期的に発売されて環境は変化しています。そう言う訳ですから、WiMAXの環境は口コミよりも良い場合が多いです。

口コミでWiMAXについてあれこれ調べる場合、あまり古い口コミは信用しないようにしましょう。WiMAXの通信に対応している専用端末があります。
WiMAX端末の種類は豊富で、これまでに無い機能を持ったものもあります。WiMAXの通信回線もそうで、WiMAX端末にWiMAX回線以外のWiMAX 2+回線やau 4G LTE回線を選びながら使用可能です。それから、通信速度が毎年速くなっています。キャリアアグリゲーションや4×4MIMOが導入された際も、通信速度が倍に速まりました。
UQ WiMAXの強みは、速度制限が厳し過ぎないと言うところにあります。他のモバイルインターネットなら、速度制限が怖くて映画など見てられません。
可能な事と言うと、5分くらいの動画を数日に一回程度視聴する位ではないでしょうか?一方、WiMAXだったら堂々と映画が視聴出来ますし、24時間ネット放送を流しっぱなしにしても平気です。UQ WiMAXを取得すると、WiMAX本体しか必要ないので、家の中がさっぱりします。
光回線だとモジュラージャックとモデムとWi-Fi機器が必要で、その間をケーブルで結ぶ必要性があります。モデムは毎月レンタル料金が掛かり、毎月の料金に追加課金されます。他には、モデムに無線カードを差し込む事も可能ですけど、無線カードを使用する際はレンタル料金を請求されてしまいます。

 

WiMAXのサービスは25ヵ月間の契約が基本になっていて、期間内に解約をすると契約解除料を取られてしまいます。

それほど長い契約期間になっていますから、しっかりとしたとこと契約を行いたい所です。うっかり見落とされがちなのが、それぞれの契約先のサポートセンターの対応です。カスタマーサービスの受付日が平日だけだったり、フリーダイヤルじゃ無いプロバイダも少なくないですから、ちゃんと判断してから申し込みを行いたいものです。URoad-StickはUSBサイズの軽量かつコンパクトなWiMAX端末で、持ち運びが楽で利便性が高いです。

URoad-StickをUSBポートに挿し込むことで、給電しながら使用する事が可能です。

ややこしい設定も不要で使用出来ますから、そんな手軽さが評判のWiMAX端末となっています。

対応している通信回線はWiMAXとWiMAX 2+で、下り最大通信速度としては110Mbps出力する事が可能です。WiMAXサービスを提供しているプロバイダの中でも、ちょっと変わっているのが3WiMAXと言うプロバイダです。
WiMAXサービスのプロバイダと言うとUQ WiMAX系統のものが大半なのですが、3WiMAXはKDDI系統のWiMAXサービスを提供しています。
そう言う訳で、3WiMAXでは提供されているWiMAX端末の機種が、UQ WiMAX系統のプロバイダとは全然異なります。例を挙げると、3波を使用するキャリアアグリゲーションによって下り最大通信速度が370Mbps出る部分が特徴のSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03や、下り最大通信速度が220Mbps出るUSBサイズのWiMAX端末であるSpeed USB STICK U01は、他のプロバイダではランナップされていません。
ここ最近のインターネットサービスの動きを見ていると、モバイルインターネットサービスのラインナップがどんどん増えています。

 

小型のルーターを持ち運んで無線を使ったインターネット通信が可能ですから、非常に利便性の高さを感じる所ではあります。
でも、モバイルのイメージとしては、不安定なんじゃないかと言う部分があります。
しかしながら、モバイルの通信環境が進んでいるので、通信状況は安定しています。と言う事ですので、モバイルだからと、悪く無いです。
WiMAXサービスを提供してるのプロバイダの中には、完全オリジナルのキャンペーン特典が用意されているところも存在します。
具体的には、DTI WiMAX 2+ってプロバイダの場合には、DTI Club OffってDTI会員だけのオリジナル割引特典が付いて来ます。

DTI Club Offとは、全国各地にある旅館やテーマパーク、更には、温泉施設やインテリアショップ、飲食店や宅配ピザなどなど、色々なサービスを特別優待価格で使用する事が出来ます。

 

映画のチケットやミュージカル、展覧会やカラオケなど、書ききれない程対応するサービスは幅広いですから、幅広い方にお得感を感じて貰う事が出来ます。Speed Wi-Fi NEXT WX01のニューモデルに相当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりもバッテリーの消費を抑える点が強化されたWiMAX端末です。と言うのも、Speed Wi-Fi NEXT WX01で新たに導入された4×4MIMOは通信速度が倍になるメリットがあるものの、バッテリー消費が激しかったからなのです。
それで、Speed Wi-Fi NEXT WX02にはバッテリーの残量に応じて4×4MIMOから2×2MIMOへと自動的に切り替わる機能となる、バランスモードと言う機能が新たに導入されました。また、三日間の総通信量が表示される機能が新しく搭載され、混雑回避のための速度制限に対する対策が取りやすくなりました。

PEPABO WiMAXと言うプロバイダは、通常3種類のプランがあります。28000円の高い現金キャッシュバックが受け取れる通常プランとか、月々の料金の安い通常プランとなる月額割引プラン。その他にも、ギガ放題プランを2年間通常プランの月額料金で利用出来る料金プランが存在します。

随時、もっと月額料金の安いタイムセールと言う料金プランも登場する事がありますけど、タイムセールはいつもある料金プランと言う訳ではありません。

 

WiMAXサービスを提供するプロバイダの間において、人気のプロバイダの一つにGMOとくとくBB WiMAX 2+が挙げられます。
GMOとくとくBB WiMAX 2+は色々なキャンペーンを展開しており、そのラインナップの豊富さも評判の秘密です。それだけではなく、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選択される最も大きな理由は、業界最高額のキャッシュバック特典にあります。しかも、保証内容もしっかりしてるので、そう言った点が人気を支える大きな要因となっている訳です。
WiMAXサービスの月額料金ですが、驚く事無かれ、契約先で金額が違います。具体的に言えば、Broad WiMAXの場合は最初に高い初期費用が掛かる代わりに、契約期間中は月額料金が割引きされます。それから、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金が大幅に安いですけど、申し込み25ヵ月目の月額料金は高額になります。
こう言った感じに、各契約先によって月額料金に特徴がありますので、それを理解した上で契約先を検討しましょう。
WiMAXと契約を行う時、様々なキャンペーン特典が付与されます。

 

特にお勧めなのが、公衆無線LANを利用出来るようになるサービスです。
UQ WiMAXでしたらUQ Wi-Fiプレミアム、あるいは、@nifty WiMAXなら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言う感じのものです。どのプロバイダと契約を行っても利用出来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスと比べ、沢山のWi-Fiスポットと提携しているサービスです。
周知のようにWiMAXには通信制限がありますが、それほど厳しいものではありません。
ギガ放題プランへ申し込めば、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限がありません。混雑回避の為の速度制限の際も、他社モバイルインターネットサービスの3倍の通信量を使用する事が出来ます。速度制限時であったとしても、動画を観る事が出来る通信速度は維持されます。WiMAX通信専用の通信機器は、年々新しいものが発売されます。
それぞれにより性能が異なり、利便性も異なります。そんな中においても衝撃的だったのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の登場です。このWiMAX端末はau 4G LTEに対応し、当時はまだ不足していたWiMAXの通信可能範囲をカバーする事が出来ました。WiMAXサービスを販売するプロバイダの一つに、Broad WiMAXというプロバイダがあります。

Broad WiMAXの強みとしては、月額の利用料金が安い点があります。

それだけ初期費用が高額なのですが、クレジットカード払いの人は初期費用が無料になるキャンペーンが行われています。
契約から25ヵ月目以降は業界最安値のプロバイダですから、長く契約を継続する方にはお勧めのプロバイダです。UQ WiMAXのサービスには様々な契約プランがありますが、25ヵ月間の契約が基本です。その訳は、25ヵ月間継続の契約を結ぶ事で、25ヵ月間の月々の使用料が500円分割引きになるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。
しかも、契約から26ヵ月が経過すると長期利用割引が適応になるので、結果的には、ずっと500円安い状態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事が出来ます。500円と聞くと高額な金額ではありませんが、値引きは毎月の事ですので、リーズナブル感はどんどん重なって大きくなります。

WiMAXサービスですが、このネット通信サービスって、通信制限が厳しすぎず、少しは使い勝手が良いです。
って事で、ある程度は通信を行なう使用目的があるのであれば、最も適したモバイルインターネットサービスです。7G制限が気がかりと言う方は、検討してみましょう。URoad-Home2+はホームルーターとして製造されたWiMAX機器で、バッテリーが組み込まれていない理由から、使用目的は屋内使用のみに限定されています。

そんな面はありますが、可動式の高性能アンテナが外部に取り付けられていて、受信性能の良さが特徴の一つになっています。その他、一度に16台もの機器をWi-Fi接続出来る上、2台の機器を有線接続する事が可能です。加えて、WiMAX通信だけを利用するノーリミットモードに対応していますから、通信制限を気にせずインターネットを行なう事が出来ます。利便性の高さが評判のWiMAXサービスではありますけど、速度制限に注意しながら使用する必要があります。

他社のモバイルインターネットサービスと比べ、WiMAXの速度制限は厳しくありません。そうは言っても、速度制限が全く無いと言うことではありませんから、その点には注意しましょう。とは言っても、速度制限が適用されたケースにおいても、普通に映画を見る位であれば、インターネットは使用する事が可能です。

Written by: