きっと引越しが終わってからインターネットの手配をしようと思っている方も少なくないことには気づいていましたが

その理由はこうした大都市においては有力な特定荷主が存在したからである0これらの荷主企業はメーカーであれ、大規模専門商社であれ、百貨店であれ、大量の商品の広域および区域内に対しての物流を行ない、その輸送を特定トラック業に委託したからである。したがって、広域ネットワーク混載のための拠点整備、営業力整備、路線免許の取得に遅れを取り、こうしたシステムにおいては先駆者利益が大いに働くために後で乗り出しても手遅れとなる。
有力企業であったヤマト運輸(当時は大和運輸)が遅れを取り戻すには「宅急便」という広域ネットワーク混載ではあるがそのネットワークの利用方法、アート引越センター営業方法でまったくそれまでの路線トラックとは異なった業態であるものを開発し、成功する必要があったこの当時に成功した路線トラックは、行政の誘導政策もあったが更なる広域化、全国化を進めて寡占化を実現し、現在のトラック業界における有力企業である特積み事業として定着している。

Written by: