20代前半までは全くの無縁だった「読むこと」の楽しさを知った。

以前から、本をたくさん読みなさいということはいろんな場面で聞いてはいましたが、いざ本屋さんに足を運ぶと、自分が何に対して興味があって、どんな本を求めているのかがわからず全く手付かずの状態でした。

なので、読むよりも見て楽しむ雑誌ばかりが本棚にあるような状態でしたが、百田尚樹さんの「永遠の0」に本屋さんで出会い、読書初心者にしてはかなりハイレベルな分厚さでしたが、その内容に惹かれ読み始めたのをきっかけに、本に対する意識が変わりました。

始めは1ページ読むだけでもかなりの時間を要していたのですが、何冊も読むにつれ読むスピードもあがっていき、今では1日で読み切ることも増えました。

本を読み始めた当初は小説ばかりを読んでいましたが、ここ数年では女性のエッセイや自己啓発本などにも興味を持ち始め読むようになりました。

自分一人ではなかなか前向きになれずマイナスな感情に陥った時、それらの本を読むと、まるで自分の事を言われているんじゃないかと思うぐらい共感出来る内容が多い事に驚きました。

それほど世の中には自分と同じような感覚を持ち、同じように悩む人がいるのだという事も知る事が出来、少しホッとする気持ちにもなれます。

↓悩みを解決できるものを網羅しているので助かります。
https://www.valjevikenscamping.com/

ここにきてやっと、周りから本を読みなさいと言われていた意味がわかるようになりました。

本を読む事で得る事もたくさんありますが、それ以外に読書をするゆったりとした時間を持てる事にも意味があると思うので、これからもこの趣味は大切にしていきたいと思っています。

Written by: