人間の体の精巧さ

人間には、250以上の関節がありますが、よく使用する間接は、肩や腰、股関節、肘、膝、手首などです。

そしてこれらの関節は関節痛になりやすいです。関節部分の骨や軟骨が変転 、又は消耗することで腫脹し、痛みを惹起します。この症状のことを関節痛と呼びます。

また、スポーツによる蝶番い不具は体調維持や脂肪ぶとり防止のためにトロットなどのスポーツを開始した年長者に繁殖しつつあります。老化により軟骨組織が元来消耗している情態のため、適度なスポーツでも惹起してしまいます。

軟骨組織が消耗しているということは、関節の軟骨の慢性の破壊骨(変形性関節症)になる公算大ということなので、膝小僧(蝶番関節)の憂目を看取する方は骨節を奴隷化させないように念押ししましょう。

これだけ多くの筋肉や関節が混在する人体というキセキ。ある意味ではどんな芸術作品も及ばないほど精巧なものだとも言えますが、だからこそ適切なケアが大切。トンデケアの効果を解説しているサイトを参考にして、元気な体を保ちましょう。

user359 Written by: