建つまでは夢心地

新築で家を建てたのですが、建てる際に行ったのが設計士さんとの打ち合わせです。希望の間取りやなんかを出して、図面を挟んで何回も何回もどうするのか、これで良いのかを話し合うのですが、これが長いんです。

設計士さん曰く私たちは短い方だとのことでしたが、この打合せが大体半年ほどかかりました。打合せをやっている間は図面だけ見て理想を並べて時折金額のことで現実に戻されることもありますが、マイホームのことでドキドキワクワクの夢見心地でした。それは土地に基礎を造って上棟をしてからも同じで、建築中の現場に何回も通ってはマイホームという夢心地に浸って余り現実感がありませんでした。間取り図から想像することは私たちには難しかったですし、外壁が出来ても内装は全然な状態では実感が湧かず、完成間近になっても水回りが設置されていないのでイメージがついてこない状態でした。やっと現実感を得られたのは建って2週間ぐらいしてからだったと思います。完成して引っ越ししてからは嬉しくてウキウキだったのですが、どこか他人事というかホテルに泊まっている気分だった気がします。自分たちで建てた新築、今ではすっかり馴染んでます。
大学生・一人暮らしの家電は?

user307 Written by: