クレジットカードのキャッシングとカードローンの違いについて

キャッシングとカードローンという言葉があり、どちらも現金を借りるという点では同じですが、正確に言うと異なる点があります。

キャッシンク機能がついているクレジットカードを日頃から所持している人も大勢いるようです。

ショッピング目的で使うことが多いクレジットカードですが、キャッシングにも使うことができます。

クレジットカードをキャッシング用に使う時には、キャッシングの金額上限までお金を借りることができます。

キャッシングを利用した月は、クレジットカードの請求金額に、返済金額分が加算されます。

返済用の口座を作る必要もなく、出金もATM一つで簡単に操作ができるので、現金に困ったときにはとても便利です。

一方のカードローンですが、これは少額から大口融資まで、幅広く取り扱っています。

カードローンでは、審査でOKが出ると専用カードが発行され、以後はそのカードでATMを操作して融資や返済を行います。

金融会社によってはローンとキャッシングを区別していますが、決定的な違いがあるわけではないようです。

この頃は、専用ホームページからカードローンの申込みも対応しており、申込みから1時間程度で融資が受けられます。

審査で不利な結果にならないようにするには、カードローンの申込み時は、同時申込みをしないようにするといいでしょう。

一度に複数のカードローンに申し込むと、資金繰りに困っていると判断されて、審査が通りにくくなるので注意しましょう。http://kinyu.xyz

user207 Written by: