イレギュラーなパターンの引っ越し

人生において引っ越しをしたのは3回なんですが、その内の1回は特に記憶に残っています。
と言うのも、とてもイレギュラーなパターンの引っ越しだったからです。
何がイレギュラーかと言うと、すぐ斜め前のマンションに引っ越すというものだったのです。

お気に入りの街でとても住み心地がよく、この街から離れたくないと思っていたんですが、住んでいる部屋が手狭になり、もう少し広い部屋に引っ越したいなあと思っていたところ、自分にとって最適の間取りの新築マンションが斜め前に現われたのです。

引っ越しも自力で何とかなるんじゃないかという感じでしたが、現実にはもちろんそんなことは無理だったので、ちゃんと引っ越し業者さんに依頼しました。

依頼する際に住所を言うと、え?と驚かれましたが、事情を話すと納得してくれて、引っ越しの手配は無事整い、迎えた引っ越し当日のこと。

驚いたのは、ルール上なのか規定があるのか何だかわかりませんが、一旦トラックに荷物を載せて、数メートルしか離れていないマンションの前にまたそのトラックを停めて荷物を下ろすという状態でした。

荷台でガラガラ運んだ方が楽なような気がしたんですが、とにかくそういう流れで引っ越しをした経験があります。
今でもイレギュラーなパターンの引っ越しだったなあと思うのでした。

日通の単身パック料金は安いですよ

user249 Written by: